幼稚園についてabout us

園の紹介

子どもの今と未来に寄り添う

四季折々の美しい自然に囲まれた若葉台団地の中にある、いきいきとした笑顔の溢れる幼稚園です。
子どもたちひとりひとりの個性を大切に、好奇心やチャレンジしたい気持ちに寄り添った
教育を行っています。

礼儀正しく かわいい笑顔

教育理念

子どもの個性と才能を引き出し、豊かな人間性を持った子どもを育みます

  • 健やかな心と体が備わった子
  • 素直で思いやりのある子
  • 相手の話がしっかり聞ける子
  • 自分で考え主体的に行動する子
  • 最後までがんばれる子
  • 人との関わり合いを楽しめる子
教育理念

概要

園名 学校法人 若葉台学院 プレスクール若葉幼稚園
所在地 〒241-0801
横浜市旭区若葉台2-9-2
TEL 045-921-3223・921-3224
FAX 045-744-7088

登園について

歩きコース 登園時間 9時15分~15時15分(*水曜日も通常通りの一日保育です)
バスコース 旭区・緑区を計4コース運行しています。詳細はお問い合わせください。
バスルートは年度ごとに見直しをし、3月下旬にお知らせしています。

預り保育について

子育て支援の一環として、早朝と夕方の預り保育を行っています。
夏休み・冬休み・春休みもお預りしていますのでご相談ください。

園独自 急な用事やお仕事など、都度ご利用いただけます。
8時30分~9時15分 / 15時15分~18時
横浜市型 事前にお申し込みが必要です。就労などの条件があります。
7時30分~18時30分 / (土曜日)7時30分~15時30分

2歳クラス「わかば組」

お子さまも保護者の方も安心して過ごせるよう、ひとりひとりの育ちに寄り添った保育を。

  • 令和3年4月より、プールだった園舎を全面改装し、2歳クラス「わかば組」の保育室や、交流スペースなどが完成しました。
  • 広々とした園庭で元気に体を動かしたり、五感を使った感覚遊びをしたり、様々な遊びに興味関心をもてるよう生活リズムを整えながら過ごします。
  • 毎日の英語教育や手先を使う季節の工作、幼稚園のお兄さんお姉さんとも交流をしながら、小学校就学前まで当園での一貫した環境で過ごすことができます。

2歳児クラス「わかば組」
保育時間 平日 8時30分~16時30分
休園日 土日祝日、年末年始(12月31日~1月3日)
費用 月額38,500円(保育料・給食・おやつ代を含みます)
→きょうだい割引25,700円
教育環境充実費 3,000円(利用初月のみ)
対象 満2歳2か月から
横浜市内にお住まいで、月64時間以上の就労をされている方(3号認定)

*満3歳からは幼稚園にご入園でき、横浜市型預かり保育(通常型)が利用できます。
 平日は7時30分~18時30分、土曜日は7時30分~15時30分です。
 年少からの預かり保育料は無償化対象です。

*送迎バスは2歳半から利用可能です。

〔外部サイトリンク:横浜市2歳児受入れ推進事業〕

*3号認定のお手続きについては最寄りの区役所子ども家庭支援課にご相談ください。
 園見学は随時お受けしています。ご質問などお気軽にお問合せください。

安心・安全について

  • 玄関と門にはカメラ付きインターホンと電子錠を導入し、園内の安全性の向上に努めています。電子錠はICカードで開錠することができます。
    ICカードはデポジット制、送り迎えの方が異なるご家庭など、追加の発行もできます。
  • 保護者の方には送り迎えや行事での来園の際に「保護者証」を身に付けて頂きます。
  • 万が一の災害に備え、「れんらくアプリ」を導入しています。災害時の一斉配信や日々のお知らせの送付にも活用しています。
  • 「れんらくアプリ」は園バスのGPS車載器と連動、到着案内メールの通知やバスの現在位置をスマートフォンから見えるようになっています。
  • 体調不良等があった場合は、速やかに保護者の方にお電話を致します。お仕事をされている保護者の方も、日中の連絡先をお知らせ頂いています。

新型コロナウィルス感染症対策の取り組みについて

以下のような対策を行い、感染防止に努めています。

衛生管理 ・手洗いの指導と徹底
・手拭きにはハンドタオルを取りやめ、ペーパータオルを使用
・園バス、室内ではマスクを着用、職員は常時マスクを着用します
体調管理 ・園児・職員ともに「健康管理表」にて、毎日の体調管理をしています
・登園時と日中にも検温を行い、体調の変化に気を配っています
消毒 ・よく触る箇所は1日2回、机は食事前と保育終了後、床やおもちゃは1日1回
・園バスは送迎の都度、座席や持ち手を消毒
密をさけるために ・建物内、園バスも2方向換気
・クラス活動や食事の際は向き合わないよう座席を配置
・水泳も通常より少人数で実施

新型コロナウィルス感染症対策の取り組み
ページの先頭へ